PNC会員へ・・・

会員のみなさま 929                     後醍院 廣幸

 

おはようございます。本日は2019年4月14日(日)、現在は朝の7時です。

 

 天気予報では午後から明日の夜中にかけて雨のようですが、現在はすがすがしい

好天の日曜の朝となっています。

 米国ジョージアオーガスタでは全世界が注目する本年度最初のメジャーである

マスターズ・トーナメントの3日目を開催中です。ジョージアも日本と同じですばらしい

好天でバーディーラッシュの連続となっています。今年度の3日目は14年ぶりの

優勝を狙うタイガー・ウッズが首位に立ったりして超盛り上がっています。

当然ですが、日本勢は完璧に蚊帳の外そのもので、本日頑張った松山英樹

『68』を出してもようやっと3アンダーで優勝争いにはほど遠い状態です。

マスターズと言えば松山と並んで本来なら(?)本日あたりでも上位で優勝争いをして

欲しい石川遼は先週ですか日本国内の千葉オープンゴルフトーナメントというツアー

競技ではない試合で優勝しています。その時のコメントでは今後も頑張ってまた米国

マスターズに挑戦したいとの事です。超残念なコメントですね!普通なら復活タイガー

のようにマスターズに出て優勝争いをしたい・・・というのが本来のコメントでないと

駄目でしょう!!! まあ、明日の朝のマスターズの生中継で会社に行けない・行かない

輩が続出しそうですが、日本勢には誰も期待しませんのでテレビの見方も変わって来て

本当のゴルフファンだけが有給をとったり遅刻したりするのでしょう!

 何度も言いますが世界のすべてのメジャー協議に日本土人は勝てない・勝っては

いけないものです。マスターズあたりでは出ただけで良しとしましょうか!?!

 

 毎年4月半ばあたりに開催されるマスターズが終了すると日本では5月のゴールデンウイーク

がやって来ます。本年度は景気浮揚を念じて安倍残念政権が4月27日から5月6日まで

の10連休を取ってお金を使うように事を進めています。ところがそんな残念内閣の思惑とは

段違いに一般の人々は遊んでお金を使うことはしません。10連休は”うれしくない”人が

なんと4割だそうです。当方らでも(当方は毎年同じ)ゴールデンウイークで何かをしたという

記憶がありません。国内外の旅行など混むのが分っているのでまず行きません。ゴルフは

もう卒業しましたし、観劇やコンサートなどもまず行きません。外食もゼロです。家に居て

超つまらないテレビはなるべく見ないで精々映画鑑賞を少しするぐらいでしょうか?

というか10連休=PNCの10連続弾としていつもより内容のある文章書きに挑戦しようかと

思案中です。普通はなかなか出来ない”じっくり考”で行くということです。

 

 当方、去年の暮れから約2か月半ほど”毎日が日曜日”となり、その後、高齢就業が可能

となったことから仕事が再開され、早1か月半が経過しました。この間はけっこう忙しく、

提出書類等が異様に多く、気持ちの休まる日々はほんの少ししかありませんでした。

それでも体調を崩したり新たな病を得たりとかは全く無く、病院も採血検査ぐらいでどこか

悪いところが現出したり再発したりは皆無です。今週は歯医者のメインテナンス(歯石取り)

ぐらいには行くつもりですが。眼ですが、仕事が再開されて目薬の使用が増えるはずですが、

それほどでも無く目薬のストックは沢山ありますので眼医者には行きません。精神状態は

安定しているのでそちら系の医院にも縁は無いでしょう!という事は、突発的な怪我でも

しない限り病院に行くことは無いという事です。排便状況も安定していて電車が不安という

事もありません。法廷出廷が再開され毎日がウォーキングデイなのでヨガ教室もあり運動

不足も大したことはありません。今度の10連休だけは出廷歩きが皆無となるのでじゅん菜池

のウォーキングだけは励行するつもりです。当方、70歳になって医療費の負担が3割から

2割になっていますが、ほぼ利用無しの状態で些残念な気持ちです。恐らくですが、普通に

考慮するに当方らが75歳になる5年後までに後期高齢者(75歳以上)の負担1割は恐らく

解消されている気がします。75歳以上で2割なら良しとすべきかもしれませんね!何しろ

馬鹿みたいに沢山いる我が同胞の団塊の世代が全員75歳以上になったら日本は医療費

破産するでしょうから!!!それでなくとも病院は糞爺の多きこと他にありませんので。

 

 ということで、今日もニーチェと量子物理学は勉強しましょう!

 

 

ニーチェ

 

 

 

四十三 ― キリスト教こそ、疑いもなくキリスト教的価値判断こそ、あらゆる革命をただただ流血と犯行にひるがえすそそのものなのである!キリスト教は、高所を持っているものに対するすべての地をはうものの蜂起である。すなわち、「低劣なる者」の福音は低劣ならしめる・・・

 

四十四 キリスト教とは「いっそう自由な」信条をもったユダヤ人であるにすぎない。・・・

 

四十五 パウロは復讐の使途すべてのうちの最大の者であった・・・

 

 

 

量子物理学

 

 

 

    第十七章 生命としての宇宙

 

 生きた知的な宇宙・・・知性の異なった形態と系統・・・生気ある自然・・・石の塊と木々の塊・・・集合的知性としての人間の「私」・・・複合的な存在としての人間・・・実体としての「人類」・・・世界の塊・・・「マハデーヴァ」の顔・・・生気ある世界についてのジェームズ教授の見解・・・フェヒナーの考え方・・・「ゼンタヴェスタ」・・・生きている地球

 

 もし世界に知性が存在するとしたら、その顕現の度合いは異なっても、すべての物の中に浸透しているに違いない。

 我々は何らかの仕方で、「生き物」と呼ばれる物についてのみ、生気と知性の存在を認めている。すなわち、その働きが我々と同類であるもの、我々の目からは「生命体」に見えるものに限って心の存在を認めている。

 生気のない物と機械的な現象は我々には生命の無い、心(マインド、知性)の欠けたものに見える。

 しかし、そうではあり得ないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

                       PNC会員へ・・・

会員のみなさま 928                  後醍院 廣幸

 

おはようございます。本日は2019年4月13日(土)、現在は朝の6時50分です。

 

 週末の休みは気持ちの良いぐらいの晴天の朝となりました。明日の午後から明後日

はまた雨予報なので、外出での作業は本日中に終わらせておくべきでしょう。

 今年の桜の開花→満開→散りは例年とは違いやはり今後の寒冷化を予測するような

進行でした。普通に開花はしたものの、なかなか満開まで行かず、散るのもゆったりで

昨日の帰路に見た当家近くの公園の桜はまだ多くの花をつけていました。ここの桜は

不思議なことに10数本のうちのたった1本だけが全部散り状態となっています。何故

このような状況が起こるのでしょうか?やはり、小氷河期の前段階的特訓中としか思われ

ませんね。

 当方、派遣社員となって初の給与が今度の月曜日に入ります。先んじて給与支払明細書

が届いていますが、以前より時給が200円上がり、厚生年金の払いが終了(70歳まで)して

通勤費が出ないにかかわらず、手取り給与は2万円ぐらいアップしています。

これは今まで(前の社員だった時)と違い法廷が無い時もほぼ出勤したからでしょう。

派遣社員に慣れたら前のように法定のない時は適当に休むことにしますので給与は前と

変わらなくなると思いますが。

 

 今週の生活習慣で大切な快眠・快便はまちまちでした。8日の月曜日は8時間睡眠の

大量快便でしたが、その後の今朝までは快便は熟せても快眠が落第点でした。昨日など

夜の10時に就寝して2時には起床して、その後はほゞ不眠でした。今週は月曜日以外の

平均睡眠は5時間台でした。

 それでもこれらの生活習慣や仕事・趣味や人との付き合いなどは適当にやるべきである

・・・」という、本を読み始めました。昨日、千葉簡裁に行く前に海浜幕張駅の構内にある本屋

五木寛之の”元気に下山”という新書を購入、3分の1ほど読みました。本の主旨は老人は

残った余生は適当にやって、物事は難しくせず、適当に生きていくことが大事とのことです。

五木さんは86歳ですか。元気ですね!昨日も会社の帰路に購入しましたが、毎週金曜日

だけ買う日刊ゲンダイのなかで五木氏の書いている”流されゆく日々”は何と、10、633回

です。当方、先達ての”毎日が日曜日”の時にPNCの連続弾75回を達成しましたが、五木先生

の足元にも及びませんね。PNCは今日で928回です。年内には1,000回達成を目指して

いますが、仕事をしながらはけっこうきついです。

 当方、最近はあまり本を購入していません。というか、読みたくなるような本が少ないから

仕方ありません。それでも各駅の構内や近辺にある本屋の店先は必ず目を通すようにして

います。偶には良いものもあるからです。アマゾン購入と本屋購入とを合わせて最近は月に

3冊行けばいい方でしょうか!

 

 時事関係を少し行きます。今週の一番のニュースではやはり例のPC打ちやレンポーで有名

になった桜田五輪担当相が辞任したことでしょうか。やっとというか遅すぎるというかよくこんな

人材が政界を闊歩していたものだと不思議でなりません。これは先の塚田国土交通副大臣

橋建設の忖度とか麻生の福岡県知事選での惨敗の責務とかを隠すための安倍の悍ましい

(おぞましい)所業です。桜田さんは当方の1年後に生まれた(1949年12月20日生まれ)

人で当方らとほとんど変わらない存在だと思いきや、信じられない輩が政界には生息できる

ものなのですね。結局、安倍や麻生の不祥事隠しのための単なるおとりのような存在だった

だけでしょうか!?!所謂団塊の世代は人数が多すぎるくらい多いのでいろんな人材が居る

ものなのです。悪しからず!

 

 久々の法廷とお昼も行っておきます。8日の月曜日は法廷が無く、1日中会社での架電中心の

仕事に終始しました。この日は雨で寒くなってきましたので逆に正解であったかもしれません。

お昼は家から持参の弁当でした。火曜日は川口簡裁です。仕事は簡単に終わり、簡裁近くの

丸亀製麺でカツ丼の小と竹輪天1本にしました。11時チョイ過ぎぐらいの時間帯でガラガラ

なのに当方が注文したカツ丼を店員が作るのを忘れたという考えられないことも起こっています。

水曜日は去年は何度も行った何故か茨城県にある古河簡裁でした。この日は3件の法廷が

あり、2件は被告が出廷したので和解成立させました。遠いところまでやって来たので感謝です。

お昼は帰路の新越谷駅の”小諸”と行きたいところですが、現在は改装中で4月21日が新装

開店となるようです。残念ですが仕方なく南越谷駅内の”きらく”でイカ天とネギのかき揚げ蕎麦

にしました。ここは空いていて旨くは無い店ですがこの日のメニューはまあまあ旨い方でした。

11日の木曜日は所沢です。この日は朝早くに京浜東北線の神田駅で人身事故発生です。

イヤーな予感は当たりました。当方乗車の電車では北総線武蔵野線西武池袋線→西武

新宿線のうち最後だけ抜かして後は全部が遅延でした。大きな影響はありませんでしたが、

本当に事故が多いことには驚愕させられます。昼は帰路の秋津駅新秋津駅の中間ぐらい

にある”なか卯”で親子丼小うどんのセットにしました。帰路の電車は何故か遅延無で無事帰社

できました。そして、最後の金曜日は一端出社して9時20分ごろ会社を出ての千葉簡裁です。

この日の法廷は遠方の債務者(自動車のローン未払い)ばかりの6件でした。当然すべてが

弁論終結して判決です。当方の6件の案件は全部で10分もかからず終了しました。最近、

圧倒的に増えている簡裁での法廷案件は交通事故裁判です。これららに時間をとられますので

どうしても当方らの順番は遅くなります(交通事故案件は双方の弁護士が来ているのでまず

こちらから始まるので)。結局、当方の仕事が終わって帰社したのは12時を回っていました。

昼はファミマでカップヌードルとおにぎり小2個を購入、会社の休憩室で戴きました。

 来週と再来週はフル出社で来週は3日間、再来週は4日間の法定があります。来週の月と

水は一番近い松戸簡裁です。法廷が10時半なので自宅を出るのは9時半です。ゆっくりですね。

此の2日間は当然、我孫子まで足を延ばし、”弥生軒”の天抜きが予定されています。ここも

改装中の店はもうやっているのかどうか?です。やってないと他の店が混むので困りますので。

 

 と言いながらニーチェと量子物理学の時間です。頑張って勉強しましょう!

 

 

ニーチェ

 

 

 

四十二 仏教は約束するのではなく履行し、キリスト教はなんでも約束するが、何ものをも履行することはない。― 「悦ばしき音信」にきびすを接して最もひどい音信が、パウロのそれがあらわれた。パウロのうちには、「悦ばしき音信の報知者」の反対累計が、憎悪の、憎悪の幻想の、憎悪の仮借なき論理の天才が体現されている。この福音の使者はなんとすべてのものを憎悪の犠牲に供したことか!なによりも救世主を。パウロは救世主をおのれの4十字架にかけたのである。パウロは目的を浴した、したがって手段をも欲したのである。・・・彼自身信じてはいなかったことを、彼がおのれの教えを投げ与えた白痴どもが信じた。― 彼が欲求したのは、権力であった。パウロとともにもういちど僧侶が権力をにぎろうと欲した、― 彼が利用しえたのは、大衆を圧制し、畜群を形成するのに必要な概念、教義、象徴だけであった。のちにマホメットキリスト教から借用した唯一のものは何か?パウロの発明、僧侶専制のための,畜群形成のための彼の手段すなわち不死の信仰― これこそが「審判」という教えにほかならない。

 

 

量子物理学

 

 

 

「時間の神秘」はすべてのものに浸透している。それは氷河期に目撃されたすべての化石、シーラカンス、マンモスの中に感じられる。それは我々の知らない明日の中に感じられる。もしかしたら明日の方が我々を見ているのかもしれず、それは最後の日かもしれないし逆に我々の知らない何かが達成される日なのかもしれない。

 「思考の神秘」がすべてのものを創造する。我々が、思考は「運動の働き」ではなく、運動自体が思考の働きであることを理解するやいなや、そしてこの神秘の深みを感じるやいなや、全世界が一種の巨大な幻覚であることを知り、それに驚かされたり、そのように考えることに慣れてしまったことを狂気の徴だと思ったりすることはなくなるだろう。

 「無限の神秘」はあらゆる神秘の中で最大のものである。無限に比べれば、すべての銀河―目に見える宇宙―は何の次元も持たない。全宇宙は「点」に等しく、何の広がりも持たない数学的な点でしかない。同時にこのことは、我々にとっては測定不可能な点が異なった広がりと異なった次元を持っているかもしれないことを意味している。

 

 

 

 

 

 

 

                         PNC会員へ・・・

会員のみなさま 927                 後醍院 廣幸

 

おはようございます。本日は2019年4月7日(日)、現在は朝の6時半です。

 

 昨日はどうぞ花見を楽しんでくださいというような好天で暖かい1日でした。

家の前を通る見かけぬ老人夫婦から駅までの行き方を聞かれたり、いわゆる

花見や散歩客が沢山でした。当方は都合5人での遅れた彼岸の墓参りに行って

来ましたが、八柱霊園に参拝客は少なく何時もの土曜日より空いている感じでした。

彼岸のお中日(春分の日)から2週間以上経っているので当然でしょうか?

お昼は霊園近くの回転寿司店”はま寿司”にしましたが、こちらもいつもの週末として

は空いている方でした。10時40分に寿司屋について開店の11時までに来店客は

当方ら以外では一組だけでした。珍しいぐらいの空き具合です。今年は桜の開花から

満開までの時間が長すぎ(2週間以上)、何かしら間の抜けた春の日々となっています。

昨日は当方夫婦と妹夫婦にプラス孫娘の5人でした。朝方に津田沼に住んでいる弟に

電話を入れたら、ゴルフに行っていてもうラウンド中でした。家から近いお墓なので

年2回のお彼岸ぐらいは墓参りに行けよと言って電話を切りました。当方の兄弟は

あと一人でこちらは福井県に婿養子に行ったのでそう滅多には帰郷できませんが、

こちらで食べたいものや飲みたい店が数店あるので本年中には来ると言っていました。

 長かった満開までの時間帯でしたが、いざ満開となるとすぐ散ってしまうのも桜の

特徴です。明日と水~金は雨予報となっています。今年のお花見は今日の日曜日が

最後となりそうです。後でチョイと見物して来ます。

 それにしても100円回転寿司は安いですね。当方以外(運転手)は生ビールを飲んで、

孫はケーキ類まで食べて全部で5,800円でした。当方的にはお墓近くの少し高級な

回転寿司店である”すし松”が一押しです。100円回転寿司に3回行ったつもりでこちら

に1回行った方が充分お得なはずです。ネタが違います。

 

 当方、もう15年近く遠ざかっているゴルフについて驚きな案件があったので報告です。

先週でしたか、女子プロのトーナメントを見ていて超ビックリしました。というよりよほど

ゴルフに縁遠くなった証なのか?トンでも光景を見てしまいました。グリーン上である選手が

パッティングをする場面です。この選手は自分でもキャディーでもなく旗を取らずにパットを

したではないですか?しかもテレビ放映をしているアナウンサーも元プロの解説者も

一言も言いません。結果として、昨日調べたら本年はゴルフルールが大幅に改正されて

当方らの常識では考えられないぐらいの訂正が起こっていました。2019年1月1日付で

ゴルフルールは大幅な改正が行われました。一番のビックリはグリーン上のパットで

旗をさしたままでパッティングOKとなったことです。それにバンカー内に入った球を拾い上げて

バンカーの外に2打罰を付加して良い場所にリプレイス出来るようになったこと、紛失球の

探索時間が5分から3分に短縮されたことです。この他にもいくつかあります。情報不足とは

恐ろしいものですね。当方、基本的にゴルフはもう金輪際やらないつもりですので当然

といえば当然なのですが、一寸目を離したすきに何でもアリになるのだという我が政界と

まったく同じ案件の連続となって来ました。

 スポーツのルール改正はより面白くするため、より公正を保つためになされるものです。

今回のゴルフルール大幅改正もその精神に乗っ取っていることに違いありません。でも

あまりの変化に当方らは超驚かされるだけです。我が日本人にとってはお家芸である

柔道もそうです。昔の東京オリンピックが開催されたあたりのルールと現在のルールでは

超大幅に変化しています。当方一応段位2段の経験者ですが、柔道は放っておいたら

全試合が引き分けになる可能性大です。格闘技としてなら仕方ないでしょうがスポーツと

したらこれは許されません。勢いルールは毎年変更して面白くなるように改正して行きます。

 それにしても何にも知らなかった当方の方が悪いのでしょうが、あまりの変化はきついです。

テレビ放映する側は何度でもルール変更の件を伝えるのが親切というものです。特にゴルフと

言うスポーツはルールに縛られて行う競技です。何度でも説明する義務がテレビ放映側には

あるはずです。政権と同時に要反省だらけの業界ですね???

 

 反省してほしい案件ばかりの安倍政権ですが、先の4月1日発表の新元号『令和』以来、

テレビ(最低マスコミ)ではやれ国書である万葉集から取ったのだとか何とか自分勝手な

意見ばかりを垂れ流し、こんな良い元号は無いとまで言いそうです。当方、先に少しは振れ

ましたが、万葉集は日本独自の日本人が作った歌集ではないので勘違いしない様にしましょう。

 これは大伴家持が編纂した国書です。大きく前半と後半に分かれていて、後半はほゞ編纂者の

大伴家持の歌がいっぱいとなっていますが前半はまったく違います。当方的には後半はどうでも

良いとは言いませんがぐっと低く見て、前半の3番バッター”額田王”、4番バッター”柿本人麻呂

の歌だけでも十分な作品群です。前回にも書きましたが万葉集は古代朝鮮語を元にした裏がある

読み物で、これを理解できる人はもう韓国・北朝鮮の人でも皆無に等しいぐらいだそうです。

半島文化は15世紀のハングル文字発明・使用で古代史や言語が失われてしまったようです。

残念な事ですが仕方ありません。日本の小林惠子先生とかバイリンガルのイ・ヨンヒ氏の著作

から少しづつでも勉強するしかありませんね。

 それと日本は何故途中で実際の正しいと思われる時の読み方などを変更させるのでしょうか?

持統天皇の作と言われる”春過ぎて 夏来るらし 白妙の 衣干したり 天の香具山”という有名な

歌があります。これなど、当方らが中学か高校生の時に習った教科書とは途中の読み方が変更

さてれています。まず、夏来るらし・・・です。これは夏来にけらし…だったはずです。また、衣干したり

・・・は、衣ほすてふ(干すちょう)…のはずです。けらしとかちょうとかはいけないのでしょうか?

どうも当方的にはこの読みが半島的だから変更したとしか思われません。最低な日本土人国家です。

土人国の酋長(「あべ」のこと)初め周りの政界人全員居なくなるべきです。

 

 いずれにしても”令和”は戴けません。テレビは猛省をして元号廃止運動を開始すべきでしょう!!!

 

 それでもニーチェと量子物理学は行きます。

 

 

 

ニーチェ

 

 

三十九 ― もとに話をかえして、私はキリスト教のほんとうの歴史を物語る。― すでに「キリスト教」という言葉が、一つの誤解である― 、根本においてはただ一人のキリスト者がいただけであって、その人は十字架で死んだのである。「福音」は十字架で死んだのである。この瞬間以来「福音」と呼ばれているものは、すでに、その人が生き抜いたものとは反対のものであった、すなわち、「悲しき音信」、福音であった。「信仰」のうちに、たとえばキリストによる救済の信仰のうちに、キリスト者のしるしを見て取れるとすれば、それは馬鹿げ切った誤りである。たんにキリスト教的実践のみが、十字架で死んだその人が生き抜いたと同じ生のみが、キリスト教的なのである・・・今日なおそうした生は可能であり、ある種の人たちにとってはそのうえ必然的ですらある。 実際のところ一人のキリスト教も全然いなかったのである。「キリスト者」なるものは、二千年キリスト者と呼ばれているものは、たんに心理学的な自己誤解にすぎない。

 

 

 

量子物理学

 

 

 

 今や本質世界、「霊の世界」をお評価しうるいくつかの基準が確認できたので、それを利用しなければならない。

 最初に言えるのは、本質世界すなわち実在世界は三次元的ではあり得ず、三次元的なものは何も含むことができないということである。すなわち、物質的な物では測定できず、物質的な外観や形態を持たない。換言すれば、本質世界は空間における広がりや時間における変化を有する物を何も含み得ない。そしてとりわけ、死んだ物、生気のない物、無意識な物(意識の度合いは異なるにしても)を何も含み得ない。原因世界においてはすべては意識的な物でなければならない。なぜなら、原因世界はそれ自体が意識であり、世界の塊だからである。

 さらに心に留めておかねばならないのは、原因世界は「奇跡の世界」だということである。我々にとって普通に見える物は決してリアル(実在)ではあり得ない。実在は我々には奇跡的に見える。我々はそれを信じず、認知しない。そのために我々は生命に充満している神秘を感じることがない。

 単純なのは実在しない物だけである。実在(リアル)は「奇跡」であるに違いない。

 

 

 

                         PNC会員へ・・・

会員のみなさま 926                   後醍院 廣幸

 

おはようございます。本日は2019年4月6日(土)、現在は朝の6時45分です。

 

 やっと好天が連続し始めましたが、桜はまだ満開一歩手前の段階です。昨日など

20℃越えを喧伝していましたが、昼でもイマイチ温かくないですね。どちらかというと

寒い方です。もちろん夜はズバリ寒いです。夜桜見物や飲み会には適さないですね。

仕方ありません。何度も言いますが現在は小氷河期に向かう過程にあるからです。

決して温暖化ではなく寒冷化です。間違わない様にしましょう!!!

 

 昨日はPNCにも書きましたが近所の国際医療福祉大学市川病院へ採血検査に

行ってきました。化研病院から国福大に変って確かに患者数は格段に増えています。

昨日などは平日にもかかわらず超混雑でした。困ったことに当方朝早く登録して一番で

採血をしたにもかかわらず番が回って来ません(先生から呼ばれない)。診察だけで

なく会計もだいぶ待たされました。はっきり全てに関してシステムが悪すぎです。

前の化研病院も良くなかったですがようやっと患者数が増えてきたのでシステム改革に

取り組んでほしいものです。この日は待たされる日だったのでしょうか?この後、予定して

いた1,000円床屋に行ったら待ちの人数が6人ぐらいいたので諦めました。結局、この日

の予定は病院だけで終わってしまいました。最低の平日の休日でした。

 

 問題の採血検査の結果はほぼ予想通りでした。痛風薬の”フェブリク”を20mlから10mlに

下げて、副作用が懸念された血小板は10.1→14.4へ回復。白血球は少し下がってしまい

ましたが、正常値内でした。当方一番わからないのはTGという中性脂肪の数値です。

正常値は50~150ですが前回は何と335もありました。これが今回は75まで下がって

いました。何故か???まったく分りません!此のところ休肝日皆無で毎日酒飲みを

したり、外飲みで飲み過ぎをしたりで数値に良いことあるわけないのですが、それでも

ビックリするような危険数値は一つもありませんでした。先生からは酒を止めろとか減らせ

とかはまったくなく、言われたことは痛風制御には薬よりも水を多めに飲むことのようです。

1日に1.5lから2lは飲むように言われました。水を飲むだけで済むなら一番楽で良いのですが、

水も飲み過ぎると”水毒”と言われる副作用的害毒もあるようなのでその選択は難しいです。

それでも当分の間はやや多めに水飲みを励行してみるつもりです。

 

 最近、所謂健忘症というやつが激しく頻繁化し始めました。決して認知症とは思われない

ですが、やや心配です。もちろん理由は加齢による作用でしょうが、何とかしないとそのうちに

仕事などで大きな失敗を犯すことになると困るので悩んでいます。一番頻繁に起こるのは

人の名前の記憶です。特に特定の人の名前が出てこなくなります。即出てくる人とすぐ忘れる

人がはっきりしています。というかし過ぎています。調子の良い時(自分流に言っている)は

ほゞほとんどの人の名前が即出てきますが、何度も忘れる人の全員の名前が出てこないこと

もあります。人の名前を忘れて言えないことは相手にとっては超失礼なことです。是正しようと

何時も思案するのですが、現在のように全員の名前が全部言えるという状況も多々あります。

何が原因か?頭脳や心身の状態が問題なのか?…解らないので困っています。

 それと焦って何かを行うと副作用的にトンでも物忘れをします。先日など、ヨガ教室から

帰ってきて即予約してあるauのショップへ行ったときなど、女房が着替えてくれというので

いやいや着替えたらヨガ教室の時に穿いて行ったズボンに車のキーを忘れエンジンが

架けられなくて往生しました。結局事なきは得ましたが、キーを前のズボンに入れっぱなしだったと

気付いたのは車をだいぶ走らせた後でした。今まで仕事上で重大なミスはしていませんが3月末の事

で、交通費実費を書き記した書類を自宅に忘れ(3月29日の月度最終日)、大騒ぎをしました。

これなどもすこし考えれば家に置いてあることぐらい気が付くはずなのですが、それが出来ない

ことがあるのです。加齢とは不思議人間製造のことですね!?!

 

 本日は10時出発でお彼岸の墓参りへ行きます。当方の妹夫婦と隣りの孫娘をつれて行くので

都合5名になります。普通なら、お彼岸から2週間以上経っているので空いているはずですが、

桜満開が遅れたので今日あたりは花見客も多く出そうで、プラス入学式が花盛りの時期で

昼を予定している回転寿司屋も超混んでいそうです。来週からは新年度・新学期が始まるので

通勤電車の超混雑が予想されます。当方、法廷出廷時は問題ないのですが、普通の会社勤務

時にはラッシュアワーの時間帯に電車に乗るのでこれが本当にきついです。現在の仕事を数か月

続けたら月間最低120時間勤務を100時間まで落して勤務することにします。ラッシュアワープラス

1日中架電の仕事では身が持ちませんので悪しからず!!!

 

 

 ではニーチェと量子物理学です。頭の体操もしましょう!!!

 

 

ニーチェ

 

 

 

三十八 私は、「キリスト教」とか、「キリスト教的信仰」とか「キリスト教教会」とかと呼ばれているところの、数千年にわたる気狂い病院にも似た世界を、陰鬱に用心しながら通り抜ける、― 私は、人類が精神病になった責任を人類に負わせないようにと気を付けているのである。しかし私の感情は、私が近代のうちへと、私たちの時代のうちへと踏み込むやいなや、一変し、爆発する。私たちの時代は万事承知しているのだ・・・以前にはたんに病気であったもの、今日ではそれが比例となった、― 今日キリスト教であることは、非礼なのである。そして、ここで私の嘔吐がはじまる。

 

 

 

量子物理学

 

 

 

カントの『見霊者の夢』から・・・

 「誕生、生涯、死は魂の状態にすぎない・・・死滅するのは我々の肉体だけである・・・我々の本質は死滅することなく、肉体が存在しなくなった後も存在するに違いない。人間の生活は二重である。それは動物的生活と霊的生活の二つの生活から成り立っている。前者がこの世の人間の生活であり、その生活のためには肉体が必要である。後者は霊の生活であり、人間の魂は肉体とは別に生きて、肉体から離れた後もその生活を続けるのに違いない。」

 カントは霊的で意識的な世界が存在する可能性を認識していただけではなく、それとの交流の可能性をも認めていたのである。

 ヘーゲルは彼の全哲学を、真理の直接知覚の可能性、霊的ビジョンの上に構築した。

 

 

 

 

 

 

 

 

                 PNC会員へ・・・

会員のみなさま 925                     後醍院 廣幸

 

おはようございます。本日は2019年4月5日(金)、現在は朝の6時半です。

 

 当方、今日はお休みで3連休となります。この2週間は1日中会社での作業が

6日間もあり、はっきり超疲れました。今後の3週間での1日中会社は5日間です

ので多少は楽な方でしょうか!当方の仕事は全部法廷出廷となることが最高ですが

そう簡単ではなさそうです。今週は飲み会などもあり睡眠負債がだいぶ積み上がり、

排便もイマイチの状態です。今日からの3連休で調整することにします。

 本日は朝一番で国際医療福祉大学市川病院にて採血検査→床屋→《笑がおの湯》

ビッグボス(酒の量販店)と、予定しています。お昼は久々に《笑がおの湯》の10割蕎麦

にしようかと思案中です。午後は予定がありませんが、午前中の病院はまず7時半に

順番の札を取りに行き、8時半の診療開始後即採血→1時間少し待って診察という

コースでこなします。このところほぼ休肝日皆無となっていますので採血検査の結果が

良好の訳はないでしょう!?!

 

 当方のこれからの3連休では今日の夜桜から始まり土日の昼飲みまでようやっとの

花見らしい花見ができそうな感触です。今年の陽気は多少オカシイですね。

普通は桜が開花して1週間ぐらいで満開になるそうですが、本年はまったくダメでようやっと

2週間たったこれからの3日間ぐらいが満開となりそうです。昨日の帰宅の帰路に見た

我が近場の公園の桜はまだ満開では無く8分咲き位のようでした。

 この3日間の天気は好天で気温も20℃越えになりそうで花見気分が満喫できそうです。

当方にはもう縁がありませんが昼飲みでも夜飲みでもやってください!!!温暖化の

掛け声は相変わらず強いですが、今年の4月は完全に寒冷化です。政府やマスコミの

インチキ喧伝ばかりが目立ちます。

今週は水曜日と金曜日を休みました。水曜日は夕前にヨガ教室に行きました。今回の

教室は初の参加でしたが、これがけっこうきつい教室でした。約1時間ぐらいを休みなしで

一気に行われます。他の講師の時は途中で何度か水を飲んだり汗を拭いてください・・・とか

入れますが、今回の講師はそれがまったく無しです。超疲れました。汗びっしょですし喉も

乾きました。当方に一番合う講師の教室は水曜日の午前中なので参加は困難です。

残念です。それでもしつこくヨガはやるつもりですが時間の取り方が問題です。

 

 最近(特にこのひと月ぐらい=2ヶ月以上休んでから仕事再開)富みに物忘れというか

うっかり作業が増えてきました。”毎日が日曜日”だったら何とか熟せる事案でもやはり労働

をすると、失敗的行為が増加してくるものです。この件は明日以降に譲りますが沢山の

事象が発生しています。後日、整頓して記述します。

 

 それにしても日本のマスコミは酷いの一語ですね。昨晩も夕食前にテレビを流し見していたら

コカイン使用で捕まったタレント(そんなに有名人かよ???)の保釈の件を延々とやってい

ます。その前は新元号の誉めつくし・・・です。最低で天皇家がみえみえに嫌っているのが

ありありの元号を”すばらしい!?!”とはトチ狂ったとしか言いようがありません。

元号は廃止して西暦に統一すべきです。これは何度でも言います!!!

 

 今日はこれから病院へ行ってきます。PNCは3連続弾で行きます。ニーチェと量子物理学も

行きます。

 

 

 

ニーチェ

 

三十七 キリスト教の歴史は― しかもそもそも十字架上の死以来― 根源的象徴主義を一歩一歩とますます粗雑に誤解してきた歴史なのである。キリスト教が、いっそう広汎な、いっそう粗野な大衆のうえにくまなく流布するとともに、キリスト教を卑俗化することが、野蛮化することが、ますます必要となったが、そうした大衆は、キリスト教が産み落とされた諸前提からはますます離れていったのである、― キリスト教ローマ帝国のすべての地下的な礼拝の教義や儀式を、すべての種類の病める理性の荒唐無稽を体内に呑み込んでしまった。キリスト教の運命は、この宗教で満足させられるべき欲求が病弱で、低劣で、卑俗であると同じだけ、キリスト教の信仰自身が病弱で、低劣で、卑俗とならざるをえなかったという必然性のうちにある。

 

 

 

量子物理学

 

 

 

カントの『見霊者の夢』から・・・

 「誕生、生涯、死は魂の状態にすぎない・・・死滅するのは我々の肉体だけである・・・我々の本質は死滅することなく、肉体が存在しなくなった後も存在するに違いない。人間の生活は二重である。それは動物的生活と霊的生活の二つの生活から成り立っている。前者がこの世の人間の生活であり、その生活のためには肉体が必要である。後者は霊の生活であり、人間の魂は肉体とは別に生きて、肉体から離れた後もその生活を続けるのに違いない。」

 カントは霊的で意識的な世界が存在する可能性を認識していただけではなく、それとの交流の可能性をも認めていたのである。

 ヘーゲルは彼の全哲学を、真理の直接知覚の可能性、霊的ビジョンの上に構築した。

 

 

 

 

 

 

 

                    PNC会員へ・・・

会員のみなさま 924                  後醍院 廣幸

 

おはようございます。本日は2019年4月3日(水)、現在は朝の7時半です。

 

 今朝は珍しい二日酔いを吹き飛ばすような晴天が眩しいぐらいの日差しが

一杯の朝です。それでも今日の最高気温は12℃ぐらいですのでまだ寒い1日

ということで当家の近くの公園の桜はまだ満開に至っていません。予想通りに

今週末ぐらいが最高の花見日和となりそうです。

 当方、今日はお休みです。夕前にヨガ教室に行き、その後は東松戸のauショップ

を予約したので行ってきます。

 今週の2日間(月・火)は1日中PC前での架電の仕事で超疲れました。昨日の

早朝には大汗を掻き寝ていられなくなり、冷水摩擦のように冷たいタオルで体中を

拭いてすっきりさせました。昨晩は珍しい外飲みの結果が二日酔いを誘い、今朝は

冷水摩擦の必要はありませんでした。それでも二日酔いは晴天が吹き飛ばしてくれ

現在は体調万全です。

 

 さて、新元号が決まり4月1日のエイプリルフールの日に菅官房長官が発表しました。

やらなければいいのにその後に安倍が一言付け加えました。何でも手柄は自分の

ものにする土人総理の真骨頂としか言いようがありませんね。取りあえずは安とか

寧とかが無かったことだけは安心しましたが、『令和』はいただけませんね。巷間言われる

のは中国の由来ではなく国書”万葉集”から取ってそれを自慢げに披露するなど持って

の他だということです。大体安倍は万葉集を国書だと思っているのでしょうが、これは

中国ではないですが朝鮮由来です。著書名”もう一つの万葉集”の作者であるイ・ヨンヒ

氏によれば万葉集の所謂”裏読み”では万葉集は古代朝鮮語に由来していて、日本語

は中国の漢字を基にして朝鮮のひらがなを日本語に充てて出来た言語であるという事が

正しい解釈のようです。はっきり、日本語とは中国語と古代朝鮮語から作られた言語なのです。

それを偉そうに中国からではなく日本古来の国書などと言うのはチャンチャラ可笑しいです。

 昨日一昨日の新元号発表後の良識派識者たちの一般的なコメントは”もう元号など止めて

西暦だけにしろ”でした。当方、毎回面倒くさくて困っていることに西暦と元号の返還が

あります。2019年は令和元年…ぐらいなら良いのですが、西暦の2030年は令和何年?

でもう即答が出来なくなります。本当に元号は止めてほしいですね!!!

 ネトウヨ大馬鹿土人たちは反元号共産党思想だとばかり言ってますが、違うでしょう!

と言いたいですね。

 元号の最初の言語は大化の改新の”大化”です。大体、大化の改新はどういうものか

安倍は解っているのでしょうか!?!大化の改心の主役は全員半島人朝鮮人)です。

天智天皇天武天皇持統天皇藤原鎌足・・・みんなみんな半島人です。安倍らが大嫌い

半島人です。

元号大騒ぎではこの点に重点を置いた議論が熱くなることを望みます。

 

 それではニーチェと量子物理学にします。

 

 

ニーチェ

 

 

 

三十四 「天国」は心の状態である、― 「地上の彼方に」ないしは「死後に」やって

くる或るものではない。自然死の全概念は福音のうちには欠けている。すなわち、死はなんらの橋梁でも、なんらの移行でもなく、死というものが欠けているが、それは、死が、まったく別の、たんなる仮象の、たんに記号として役立つに過ぎない世界に属しているからである。「死期」とは断じてキリスト教的概念ではない、― 「時刻」、時間、自然的生とその危機などは、「悦ばしき音信」の教師にとっては全然存在しない・・・「神の国」は、なんら待望されるようなものではない。それは、昨日をもたらず明後日をもたず、「千年」待ったとて来ることはない、― それは心での経験である。それは、いたるところに現存し、どこにも現存していない・・・

 

 

量子物理学

 

 

 

それでは物質とは何なのだろうか?

 ある意味では、それは論理的概念、すなわち思考の形式である。物質を見た人は誰もいないし、これからもいないであろう。物質は思惟されるにすぎない。他方では、それは実在(リアリティ)と取り違えられた幻影である。物質とは何かの断面であり、実在しない架空の断面である。しかし物質がその断面であるところのものは確かに実現する。それは実在する四次元世界、おそらくは多次元世界である。

 

 人間や動物や植物以外の心が世界に存在すると考える根拠は何なのだろうか。

 それは第一に、世界の万物は生きていて生気があり、生命と生気は全階層と全形態の中に表現されているという考えである。しかし我々は自分と同じ形態の心しか知ることができない。最も重要なのは、人間の心を宇宙で唯一最高のものとみなす理由はないということである。

 そこで問題はこのようになる。世界の他の領域にある心の存在を(もし存在するのであれば)どうすれば知ることができるのか?

 次の二つの方法によってである。一つはコミュニケーション、思念の交換によって、もう一つはアナロジー(類推)から結論を引き出すことによってである。

 

 

 

 

 

 

                  PNC会員へ・・・

会員のみなさま 923                 後醍院 廣幸
 
おはようございます。本日は2019年3月31日(日)、現在は朝の7時半過ぎです。
 
夜中にはだいぶ雨が降ったようで道路や車の上はけっこう濡れています。
今日はこの後、晴れ予報で気温も東京で19℃ほどを予想しています。寒いのは今のうち
なのでようやっとの本年初の花見ができそうな雰囲気ですね。それでも今後は気温が
急低下、今週の平日は寒の戻り的寒さが示現しそうです。結局、寒いおかげで桜が咲いて
満開状態が長引くので次の週末あたりが意外と最高の花見模様となる可能性も出てきました。
まあどうでも良いことですが、適当に花見を楽しんでください。
 
 先週の出廷は週末の金曜日の東金だけでした。東金は我が海浜幕張あたりからはっけこう
近く、会社を出て電車に乗って駅から簡裁まで歩いて都合1時間ほどで済みます。
その中で一番の問題点は何といっても千葉駅方向に戻る電車が1時間に1本しかないことです。
この日の10時半の法廷が終わったのが10時45分ぐらいです。駅と簡裁は早足で10分かかり
ます。帰路の電車時間は10時58分発です。この次の電車は1時間後になります。正味で10分
ぐらいしかない道のりをジョギング交じりのウォーキングで何とか出発時間に間に合わせました。
この結果、太ももの付け根あたりに疲労痛が発生、やはり加齢にはかなわないという事が判明
しただけでした。当方らの70歳台ともなると絶対に無理な身体運動はよくありません。仕事は
あくまでもやや適当にして身体優先で過ごさねばなりません。足腰だけの問題ではありませんよ!
やたらに走ったりすると心臓にも悪いので身体最優先の思想は持ち続けなければなりません。
 
 いよいよ明日は4月1日です。という事は今日が2018年度末という事でもあります。明日からは
2019年度が開始されます。もう4月1日が”エイプリルフール”だとかいう人は皆無でしょう。
それよりも本年は新元号発表の日という事でいつもとは段違いの賑わいぶりです。
30年前の平成発表時には当時の官房長官だった小渕さんが懐かしいですね。悪いけどあまり
パッとしない小渕さんもこの平成おじさんをやったおかげで人気が上がり、後には総理大臣まで
務めることになりました。
 現状で一番の懸念な案件は安倍晋三が自分の名前から”安”などを使用することです。
元号命名は予想が外れるのが当たり前になっていますので、あまり心配はしない方がベター
だと思いますが、心配感は拭えません。
 
 昨晩、滅多に見ないテレビを見ていたら、バブル期→バブル崩壊の低迷期→現在…で我々の
生活や社会情勢について反省を込めた始末記(?)のようなことはやっていました。
 当方最近よく言いますが”こんなものもうやる気がしない”というような事象だらけで驚きでした。
という事で、当方的にこの30年から35年間ぐらいの大反省会論述をしたく思います。
 
 基本的にバブル期に重点的に関わっていた事柄が現在ではゼロにまでなっている様相には
些ビックリさせられます!?!。
 
 ①タバコ(喫煙)・・・これが一番案件ですね。当方20歳代後半の生涯で一番タバコを吸っていた
   時期ではタールやニコチンが大量含有した”ショート・ホープ”を1日に8箱吸っていました。
   これはハイライトあたりだと4箱というところです。これがピークで少しづつ軽いタバコになって
   行きます。結局、当方がタバコを止めた(禁煙した)2001年7月25日の直前では軽いも軽い
   タールが1%あたりのタバコになっていましたが。当方、禁煙してからもうそろそろ18年になる
   のですね!
 ②次に来るのはやはり飲み食いですね。はっきり高級(と言える)飲食店から安い居酒屋や街の
   ラーメン店・立ち食いそば店への移行です。1980年代後半あたりでは当方在籍していた
   証券会社の本店営業部(本社は銀座)勤務時代では銀座8丁目のポルシェビルあたりに入って
   いる超高級ナイトクラブに始まって、泰明小学校近くの旧電通通りあたりにあるクラブから
   3丁目~6丁目にあるクラブにはこれら全部縁が無くなっています。食事処でも高級料亭から
   始まって高級ステーキハウスやすし屋、フレンチ・イタリアン店なども多少は行っていましたが
   当方的にはこれらに行くのは稀でしたが。当方が一番行ったのは大坂支店勤務時代のピンキリ
   の”河豚屋”ですね。フグでは最高級で大坂第2ビル地下2階にあった”幸鶴”→黒門市場の”浜藤”
   新世界の”づぼらや”→ですが、一番通ったのは”ふぐ政”九条店です。
 ③ そして、タバコと同じに最高使用・利用から皆無にまでになったのがそうです”ゴルフ”です。
   大阪時代はほぼ毎週、宮崎県都城単身赴任時代にはやはり毎週ラウンドをしていました。
   現在はどうかと言えば、2004年の10月を最後にゴルフ断ち状態となっています。そろそろ
   15年ですね。
 ④以上の3件は大きいですね。後はそれらに付随して止めたものばかりです。
   まず、大阪赴任もあったので東京=新大阪の新幹線のグリーン車乗務です。この新幹線以外でも
   グル―ン車利用は皆無です。
 ⑤カラオケ・・・これなどは現在は”まねきねこ”など超安いところがあっても行かなくなりました。
   バブル期には毎日のように1日5時間は歌っていたような気がします。
 ⑥スポーツジム・・・当方はジムではフルで活躍していました。バイク→筋トレ→エアロビ→水泳→
   サウナ と、全部関わっていました。現在は運動はヨガとウォーキングぐらいです。
 ⑦乗用車・・・普通乗用車から軽自動車にしてもう9年になります。若いころ一番欲しかった高級
  スポーツカーなど眼中のガも興味が無くなりました。というよりも高齢者なので何時免許証を返納
  するかで悩んでいるぐらいです。
 
   ・・・・・ということで、ざっと頭に浮かんだ案件だけでもこれぐらい出て来ます。
   失われた20年(実際は30年になります)のバブルインフレ時勢から完璧なバブル崩壊が最大の
   原因のデフレ不況下ではこれらは当然ですね。最近では外飲み(家飲みは毎日)の店のランク
   など関係なく、行きたくなくなっています。今後、当方あたりでも何かしら超楽しくなるような案件が
   出てくるのでしょうか???
 
 本日はお昼頃出発して女房の弟が軽い脳梗塞で入院した三郷中央病院までお見舞いに行って来ます。
 今週は法定出廷が無く、水と金を休みにしたので3日間だけのPC前仕事も熟せるでしょう!?!
 
 今日はニーチェと量子物理学は休みます。